夏休み、できるやつへの変身プラン【第1回】

こんにちは!もうすぐ夏休みが始まりますね。今回は、夏休みを利用して“できるやつ”に変身するためのプランをお届けします。第一回目は、「大きな目標」を立てることの大切さと、その方法についてお話しします。

目次

  1. なぜ大きな目標が必要なの?
  2. 大きな目標の立て方
  3. 毎日の勉強にどう役立てるの?

なぜ大きな目標が必要なの?

夏休みは長いようであっという間。でも、しっかりとした大きな目標を持つことで、充実した時間を過ごすことができます。例えば、「英語の文法問題を90%以上解けるようになる!」や「数学の計算問題をスラスラ解けるようになる!」など、具体的な目標があると、毎日の勉強や活動に意味が出てきます。

大きな目標の立て方

まず、自分が本当に達成したいことを考えてみましょう。以下のポイントを参考にして、大きな目標を立ててみてください:

  • 具体的にする→何を達成したいのかをはっきりさせる。
  • 測れるようにする→どれだけできたかという進み具合を確認できるようにする。
  • 達成可能にする→無理のない現実的な目標にする。
  • 関連性を持たせる→自分の興味や将来に役立つ目標にする。
  • 期限を決める→夏休みの終わりまでに達成するようにする。

毎日の勉強にどう役立てるの?

大きな目標を立てたら、それを小さなステップに分けて毎日の勉強に取り入れましょう。例えば、「数学の計算問題をスラスラ解けるようになる!」という目標を立てたら、毎日少しずつ学習単元を決めて教科書の計算問題を解いたり、計算問題を特集した問題集を解いたりします。また、定期的に進み具合をチェックして、目標に向かって確実に前進しているか確認しましょう。

これで、夏休みが終わる頃には“できるやつ”に大変身への第一歩です!次回は、「変化をつけた学習」についてお話しします。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です